デリケートゾーンの黒ずみに期待? ヒルドイドとはどんな成分なの?

どのくらいの効果が期待できる?

デリケートゾーンの黒ずみを気にしている女性から注目を浴びている成分があります。その成分の名前はヒルドイドです。
この成分は最近、財政を圧迫するからという理由で問題になっているとして知られています。ヒルドイドの効果は打撲などによってできてしまったアザの治療や怪我をした後にできてしまうケロイドの予防などにも使われています。保湿作用が強いことからもお肌に対する有用性が注目されています。

この成分は保険の適用によって1割から3割程度の負担で入手することができるので多くの女性がヒルドイド目当てに病院を利用しています。ヒルドイドを化粧クリーム代わりに入手するため財政を圧迫しているというのが問題になっているわけです。

デリケートゾーンの黒ずみ アットノンが人気の秘密

デリケートゾーンの黒ずみに小林製薬から販売されているアットノンが人気です。アットノンに配合されている成分にはヒルドイドが配合されているのです。

アットノンに配合されている成分とは?

小林製薬から販売されているアットノンに配合されている成分はヘパリン類似物質です。ヘパリン類似物質はヒルドイドの別名です。
実際にアットノンの販売ページを確認してみると主成分としてヘパリン類似物質を使用していることがわかります。

アットノンの効果は傷の治療や怪我をした後にできてしまうケロイドの予防などを目的としています。

アットノンは効果があるの?

ここで一つ疑問点があります。アットノンはデリケートゾーンの黒ずみに対して効果があるかどうかです。デリケートゾーンの黒ずみはお肌の中にできてしまったメラニン色素が集まってできてしまう症状です。
デリケートゾーンが黒くなってしまうのは刺激やターンオーバーの乱れによるものですが基本的にメラニン色素がこれ以上できないようにするか、メラニン色素自体を消したり、ターンオーバーによって外に排出するのが一般的な方法です。

ヘパリン類似物質にはメラニン色素の生成の抑制や薄くする効果はありません。本来怪我の後にできてしまうお肌の炎症を抑える目的で使用されている成分です。

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分とは?

デリケートゾーンの黒ずみを消すためにはメラニン色素に直接アプローチする成分とターンオーバーを促す成分を配合していることが必要です

トラネキサム酸

トラネキサム酸はデリケートゾーンの黒ずみ解消のコスメなどに人気のある成分として注目を浴びています。トラネキサム酸の主な効能はメラニン色素ができてしまうのを抑える働きをします。この成分を配合しているクリームを塗ることによってデリケートゾーンの黒ずみの原因となっているメラニン色素の生成を抑えることができます。自然と本来の肌の状態に戻っていくことができます。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kはお肌のターンオーバーを正常な状態に戻す働きをします。
本来ならばターンオーバーによってお肌の中にできてしまったメラニン色素は古い角質と共に外に排出されます。しかし、ターンオーバーの周期が乱れることによってメラニン色素がお肌の中にとどまってしまい、積み重なることによって黒ずみとなってしまうのです。

グリチルリチン酸などの成分が入った商品を使うことによってターンオーバーを促すことができます。効果的に黒ずみを外に排出することができるので、お肌を元の色に戻すことができるのです。